最近では施設の規模に合った最適な機能を持つ介護ソフトが選択可能

介護と事務作業

介護ソフトを取り入れることで時間を有効利用できるようになる

介護の現場は忙しく、やらなければならないことが多くて職員に負担がかかっています。介護ソフトの導入によって、介護施設や訪問介護に従事する職員の負担が軽減されますし、効率化がなされれば待遇を良いと考える人が増えて、職員の定着率も上がっていくはずです。したがって、介護施設の経営をされている方は、介護ソフトを導入してみましょう。
まず、介護ソフトに記録を固定することによって、紙とパソコン上での二重管理がなくなるので、ダブルチェックをする手間が省かれます。例えば、紙と表計算ソフトの両方で管理していると、両方のチェックが必要になります。チェックが一つだけになれば手間が二分の一になり、浮いた時間は別の業務に使うことができますし、負担感も軽くなります。
その他、シフト管理も介護ソフト上で行うことができ、各職員が自分のシフトを自分のスマホやパソコンから確認することが可能です。これにより、シフトを伝え忘れることによるミスを防ぐことができるようになりますし、連絡業務そのものが省かれるので、同様に時間の節約に繋げることができます。他にも入出金管理や国保の請求業務なども行う機能が備わっていて、これ一つで管理すれば効率化できて、無駄な業務はなくなります。

Topics

介護ソフトを円滑に導入するためのポイント

介護保険制度が導入されてから現在に至るまで長い年月が経過しており、その間に高齢化も進んできたために施設数も増えています。しかし依然として管理業務は人手に頼る部分も多く、介護ソフトを活用して効率化を進めることが大きな課題でもあります。運…

more

介護ソフトを高齢者向けの施設が導入することの意義とは?

入居している高齢者の健康を管理したり自立をサポートすることが、介護施設を運営している責任者とスタッフにとっての大きな課題です。確かに入居者とのふれあいを深めていき、健康状態を把握するという方法もありますが、介護ソフトを使ったほうが手厚…

more

最新の介護ソフトの魅力と活用するメリット

最近の高齢者向けの施設ではIT化も進んでおり、スタッフ一人一人がタブレットを持ち歩いて業務をおこなっています。そのために介護ソフトを使う施設の比率も高まっており、限られたスタッフでも手厚いケアがおこなえるようになっています。しかし初め…

more

介護ソフトを取り入れることで時間を有効利用できるようになる

介護の現場は忙しく、やらなければならないことが多くて職員に負担がかかっています。介護ソフトの導入によって、介護施設や訪問介護に従事する職員の負担が軽減されますし、効率化がなされれば待遇を良いと考える人が増えて、職員の定着率も上がってい…

more

Reccomend Contents

介護ソフトを円滑に導入するためのポイント

介護保険制度が導入されてから現在に至るまで長い年月が経過しており、その間に高齢化も進んできたために施設数も増えています。しかし依然として管理業務は人手に頼…

more

介護ソフトを高齢者向けの施設が導入することの意義とは?

入居している高齢者の健康を管理したり自立をサポートすることが、介護施設を運営している責任者とスタッフにとっての大きな課題です。確かに入居者とのふれあいを深…

more

最新の介護ソフトの魅力と活用するメリット

最近の高齢者向けの施設ではIT化も進んでおり、スタッフ一人一人がタブレットを持ち歩いて業務をおこなっています。そのために介護ソフトを使う施設の比率も高まっ…

more

介護ソフトを取り入れることで時間を有効利用できるようになる

介護の現場は忙しく、やらなければならないことが多くて職員に負担がかかっています。介護ソフトの導入によって、介護施設や訪問介護に従事する職員の負担が軽減され…

more